本文へスキップ


          

マンションの場合の参考例


家具転倒防止―経験交流サイトのホームページへようこそ。
自分でやってみた家具転倒防止対策をお知らせしています。参考になればご自分でやってみて下さい。これで大丈夫と
納得できたら、周りの困っている人たちにも手助けをして広げて下さい。必要なら私も手伝います。
結果を報告くだされば、このサイトの参考例に追加し、充実させてゆくようにしたいと思います。
戸建木造住宅の場合も、アングルでそのまま壁に固定できないことも多く、状況に合わせて様々な固定具を使って工夫した例を「寄せられた参考例」に載せました。

                               スマートフォン版

転倒防止具ー狭い隙間用topics

         リーフレットへのリンク
        パンフレットへのリンク
        使用機材と概略購入価格へのリンク
        各種転倒防止具の保持力の目安へのリンク
        GLボンドへの家具固定ネジの保持力とネジ要領
        転倒危険度診断表へのリンク
        家具形状(L/D比)による必要保持力へのリンク
        各戸家具転倒防止調査・診断・施工書式

机のわきの書棚の固定
梁下との8cmの隙間にクサビを打ち込んで固定したもの。
作りかたは次のページに。取り付け方はその次のページに。

アジャスターボルトを利用して作ったジャッキ型押さえ
 書棚の頭と梁下の隙間にかけてネジを伸ばして押さえたもの
 作り方は次のページに。

戸建の木造住宅では壁の下地(間柱)にアングルで固定するのが一般的ですが、家具の背後にコンセントがある等の事情で壁から離れている場合は、ワイヤーで固定する方がやり易いことも多い。


 取り付け方は寄せられた参考例、パンフレットに。


来歴news

2016年8月
・中高層マンションの家具転倒防止でチェスト類は殆どマジックテープで簡易固をしたのだが、一部寝室の壁がGLボンド貼りの石膏ボードでそこにタンスがあり、それをL型金具で固定するのに一苦労した。若いお母さん方がこれから自分でやられる時の参考資料を渡す必要があって、サンプルを20個ばかり作りネジを各種200本ほど打ち、引き抜き耐力テストを行った。50〜100kgf程度の結果で、木の間柱と同等程度の保持力が見込めた。脆く割れやすい材料なので、ネジ打ちにコツがいるが、やればすぐのみこめると思う。マンションの家具転倒防止のネックになっているのに業界からは殆ど報告がない。簡易テストだが目安として参考に「GLボンドへの家具固定ネジの保持力とネジ打ち要領」をリンクに上げました。
2016年6月
・福岡の83歳の女性から「家具転倒防止の新聞記事を読んで、やりたいのだがどうすればよいか?」と連絡あり、部品と工具を送った。人手は地元で捜してみるとのことで区役所、シルバー人材センターに行ってみたが受けおらず、次に近くの工務店さんに相談したらすぐやってくれた。親切で安く丁寧。ご近所にも声を掛けてみた所、高齢女性一人暮らしで体調をくずしておられる方も一緒ににやってほしいとのことで、ベッドの脇の大きなタンスを固定してもらったとお手紙あり。立派。・同じく新聞記事で地元大田区の戸建の女性より依頼あり。22か所。軽い本棚等はマジックテープ、重い食器棚等はL型金具、グランドピアノは金具とワイヤーで床固定等。ピアノは「寄せられた参考例」に写真を載せました。        ・地元の中高層マンションの自治会の依頼でワークショップ後、主に高齢の希望宅10戸ほどを家具転倒防止。防災委員やお友達の若いお母さん方が6人ほど助手になって手伝い、次の日にはもう殆ど自分たちでワイワイ声掛け合いながらやれるようになった。楽しい事この上なし。主役はこの人たちに移りつつあると感じた次第。
2016年4月
・地震の続く中.九州の子供3人のお母さんからの緊急メール。家具転倒防止グッズが品切れで困っているようだ。このサイトに載せた材料は汎用部品なので、上手に使えば、同等以上のしっかりした転倒防止が可能。頑張ってください。      倒壊した家屋でも何とか直撃を避け、生存空間を確保して逃げ出すのに役立ってくれている事を願うばかりです。
2016年3月
・この間、何軒かの家具転倒防止に伺った中で、足の不自由な方のおられる老老介護世帯では心配な家具を全部対処したので1日一杯かかって22箇所になった。小さな子供のいる家庭と同じで、湯沸しなどの小物まで対処するとそうなる。保温式電動ジャーはちょこちょこ持ち運ぶので固定しにくいが、その対処例を「寄せられた参考例」に。                                 区の社会教育講座のイベントに二件呼ばれて、ワークショップ形式で家具固定の様々な方法を触って体験してもらった。、後で希望する方にはお家へ手伝いに行くということで、3階建て住宅に伺う。3階にピアノがあってそばに奥さんが寝ていおり、反対側には本棚がグラグラしている。これも「参考例」に。
2015年12月
・12月5日日比谷コンベンションホールで開かれた「マンション防才コンテスト 」(RC77-東大生産技術研究所・目黒研究室「防災ビジネスの体系化に関する研究会」主催)最終審査発表会にて、上記写真の「梁下と家具の間に打ち込む対向クサビ」が応募120件の中から最優秀賞を受賞。目黒公朗先生より賞状と賞金20万円を渡された。選考理由は、安価で確実に家具を固定することが出来、誰にでも出来る汎用性があること、直接命を守る考案であることなど。もう少し幅広のクサビにして安定させることなど改良を加えて広く世間に使われるように展開することなどを付託された。日本地震工学会の会長でもある先生に言われると少々気が重いが、実践で応える他ない。                             ・ちょうど地元のマンションで年末の大掃除の時期に合わせて家具固定のワークショップの依頼があり、このために幅広クサビの材料として断熱材として使われる「スタイロフォーム」の厚さ100mmのものを賞金を使って仕入れた。この材料なら梁下との隙間を測ってその長さにノコで切り、それを斜めにカットすれば一対のクサビが出来る。実践講座の後、希望の戸には手伝いに行くが基本は自分でやるということで4戸施工。このクサビはサクサクと固定が出来、満足のゆくものだった。マンションのキッチンでは調理台に立つ奥さんのすぐ後ろに食器棚と冷蔵庫があり、揺れたらまともに挟まれてしまう配置が殆どである。「地震!と感じたら、すぐリビングに逃げればいいかと思っていたのだけど、段々体も弱ってきてとっさに逃げられない。やるなら今だと思って参加しました。」と少し年配の奥さん。この状況は大半の家庭にある命がけの危険。詳しくは「寄せられた参考例」に。 
2015年10月
・横網町公園での町会の防災訓練で80名位の方に台車上の冷蔵庫とオーブンを揺らしてもらった後、転倒落下防止のやり方を説明し、帰ったらすぐ実行してもらうよう、ノンスリップシート等を渡す。下地探しのセンサーなどの道具は町会で一式そろえて貸し出し、手伝い合うのが良いねと言う声が出た。           ・葛飾立石緑地公園での環境と防災イベントにもこの台車を出して40組位の親子に揺らしてもらった。とっさの時の判断が出来るようなるべく実物に近いもので感じとってもらえたらと思って用意したもの。台車は貸し出し可能です。イベントなどで使ってみようと思われる方は、参考例に写真を載せておきますので見て下さい。
2015年9月
・墨田区横網町公園・東京都慰霊堂にて第三回首都防災ウイーク開催。台車に冷蔵庫とその上にオーブンを載せ、50戸位の方に思いっきり揺らして見てもらった。固定した冷蔵庫は少しも動かず、載せたオーブンの脚にはノンスリップシートを敷いたので、ずれ落ちる事もなかった。シートは持ち帰ってもらって家で即実行。他、「L型金具で壁に止められないチェスト家具をどうしたらよいか困っている」という奥さんには下部に敷くシート+ストッパーと上部裏壁に貼りつけるマジックテープを差し上げた等々。 地震対策を何とかしようとはするものの、途中で止まっている方が多いことがよくわかった。
2015年7月
・災害時要援護者宅へ消防署の防火・防災診断訪問に同行して家具転倒防止を奨める。棚の上の不安定な仏壇(ローソク灯明が灯っている)があったり、地震が来れば家財に埋もれてしまいかねないような状態も見られた。手助けの必要な方ほど「ひどくてとても見せられない」と遠慮されるので、「皆同じですよ」と言って上げてもらった。見せてもらえた家は皆、区の補助で転倒防止工事を行うことになった。要援護者宅は地震時周りに助けを呼べるところまでは自分で備えておくことがどうしても必要なので、その初めの一歩。
2015年4月
・埼玉県の女性から本棚をネジジャッキで固定した参考例を送って頂いた。きちんと固定された上、目立たないよう化粧カバーで覆われている。「周りの方々に聞いてみると、耐震は必要だけど突っ張り棒の見た目がどうも・・・というのでこれならやって見ようと思ってくれるのではないか」とのこと。寄せられた参考例に追加
2015年1月
・この間いくつかの地域で家具固定の実践セミナーに呼ばれる。町会の会館の家具を実際に固定する作業を皆で一緒に行った。このために用意した資料ー今すぐあなたが出来る家具転倒防止の実施例ーをリーフレットともう少し詳しいパンフレットにまとめた。併せて「これで本当にだいじょうぶか?」と言う問いへの返事として「各種家具固定方法・器具の保持力の目安」などの資料(pdf)も載せたのでリンクしてお使いください。
2014年9月
・墨田区横網町東京都慰霊堂にて第2回首都防災ウイーク開催。家具固定ブースでテレビの転倒防止をラップの芯、マジックテープ、結束バンドを使って30組位の親子連れにやってもらう。身近なことなので、皆真剣そのもの。やりながらの会話で3.11には「孫は子供部屋に居て、本棚が倒れてきて危うくつぶされるところだったが反対側に中タンスがあって、それに引っかかって止まった。」「2階のタンスが階段を転げ落ちて玄関を塞いで出られず、近所の人が来て開けてもらった。」など危機感のある話。この方たちはその後すぐ行動に移って、自分で家具固定をしたが幾分心もとないところもあるので、聞きに来たもの。実施例の写真をまとめた小冊子”家具固定レシピ”をお渡しした。来年の冊子にはこのような方々の実施例が載せられればみんなの役に立つと思う。
2014年7月
・三陸被災地に一週間行き、仮設住宅の冷蔵庫などを中心に11戸ほど家具転倒防止を手伝う。あらゆる生活用品が上に載せてあるのは、津波を免れた家でも変わりなく、こちらの状況とも同じ。地震時はそれらが降ってきたのだろう。「散らばったものを片づけてから、さて外はどうなっているのだろうと玄関を開けたらドッと津波が入ってきた。」とのこと。”その時”目の前の散乱物を片づけて落ち着こうとするのは人情。普段に転倒防止を自分でやることで”心の転倒防止”をしておくということか。家具転倒防止と津波避難の関係を実地確認。冷蔵庫の固定と上の電子レンジの落下防止のやり方を「寄せられた参考例」に。
2014年3月
・神奈川湘南地域の市民団体の依頼でマンション・戸建て18戸の家具固定を行う。津波避難のためにも最初に家具固定が必要。マンションではママ友連がワイワイ言いながら自分たちでとりつけてくれた。また、老老介護世帯も多く、「ここで最後まで生きる」と言うプライドをかけて懸命な方々であり、手助けをしてくれる相談窓口が切に求められている。対処した内容は「寄せられた参考例」に。
2014年1月
・昨年末、近隣の住宅区域の家具転倒・移動防止モデル事業の手伝いで戸建・マンション計18戸の家具固定を工務店さんと一緒に行う。対処家具数は300 に上った中で既に何らかの対策をしてあったものは8箇所だが、間柱から外れている等で効いていないなどもあり、残ったのは2箇所のみ。墨田の130戸中「やってある」と答えたのは6戸で、それも「気休め程度」と言っていたのと変らず、本当の地震対策になるような「家具転倒防止ー実施率」は数%にも満たないのが実情ではないか。  しばしば動かすラック等の移動防止に取り外しの容易なリユースタイプの結束バンドは便利で数多く使った。また、キャスター付の小物家具の移動防止にはキャスターの滑り止めも50箇所程使った。「寄せられた参考例」に使い方を例示。
2013年9月
.「関東大震災90周年・首都防災ウイーク」(墨田横網町公園・慰霊堂にて一週間 )に”家具転倒防止体験コーナー”を出展。親子連れなど130戸程来場、かぐの転倒・移動防止 についてやり取り。「ぐらっときたらテーブルの下に」というそのテーブルが滑ってこないよう、ノンスリップシートの効き具合を体験してもらい、家に帰ったらすぐ手始めにやれるよう、全戸に持って帰ってもらう。間に地元の方の依頼でお家に行って、電子レンジ、冷蔵庫、机、小タンスなど固定。参考例に。
2013年8月
.「各種家具固定方法・器具の保持力の目安について」ー資料をまとめる。震度7にどの位の安全率 が見込めるか、選定、組み合わせ、移動防止のための滑り止めの摩擦係数など。
2013年5月
.食器棚、冷蔵庫のくさびによる固定、ダイニングテーブルの滑り止め、テレビ転倒 防止例追加。
2013年3月
・ネジジャッキ台座の商品化をアジャスターボルトのメーカー、八幡ネジに去年依 頼したものがNET楽天市場「YTショップ」にて「板付高ナット」として発売され た。これならホームセンターでツーバイフォー木材の端材(100円)を買って木 ネジで止めるだけで作れるので、日曜大工があまり得意でない人でもガッチリし た家具転倒防止具ができる。部品なので使用法、説明がついていないため、勝手 に「つくりかた」「取り付け方」に記述。提携関係にあるわけでもなんでもない ので文章責任は私にあります。                      ・くさびについてはまだどこも商品化の動きはない。現在ホームセンターで斜めカ ットを頼むと1カット500円かかるので、1.8mの材料より高い。端材コーナーに サービスでくさびもそろえてくれるとありがたいのだが、、、。      
2013年2月
・すみだ防災・耐震補強フォーラムに協力参加出展。主にマンション住民10戸程 度転倒防止器具提供。子供連れのお母さんが本棚の固定のためとか冷蔵庫の固定 に困っていたとかの相談が多く、ネジジャッキとくさびを差し上げた。    ・テレビボードの固定例、冷蔵庫の固定例を「寄せられた参考例」に追加。 
2012年12月
東京湾岸のマンションに家具転倒防止の出張手伝い例。ハイチェスト家具固定例。
2012年11月
背の低い家具、家電製品などの飛び出し、移動対策の参考例を追加。
2012年10月
第6回日本耐震グランプリ 選考委員特別賞受賞。各地防災活動団体と交流。
2012年7月
家具転倒防止ー経験交流サイトを立ち上げ。
2012年6月
耐震補強や家具転倒防止活動のためのNP0法人 東京命のポータルサイトに参加
2011年3月11日
東京は震度5強で対策済の戸は被害なし。未対策戸で家具転倒。救援と片付けがてら余震に備えて家具転倒防止を追加して行う。
2010年12月
マンションで展示説明会、30戸転倒防止。お年寄り宅等は手伝って取り付け。
2010年8月 
自宅の家具転倒防止をする。市販のもので間に合わないものは自分で作る。

  URL http://www.kagutenntoubousi.com


家具転倒防止―経験交流サイト

管理者:篠原 進
メールアドレス
r-shinohara@coral.broba.cc

自分でやってみようと思う方でサンプルを送って欲しい方はメールでお問い合わせください。
困っている例、うまくいった例などもお寄せください。

copyright©20XX kagutentoubousi keikenkouryu sight all rights reserved.